静岡県職員組合
〒420-8601
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
県庁本館1F
TEL.054-221-2186
FAX.054-221-3574
025483
 

イベント

 

イベント

イベント
フォーム
 
5月19日(土)~20日(日) 2018未来スイッチ開催決定!
写真は第3回青春ボウルのもの
 静岡県職青年部では、新規採用組合員歓迎集会「2018未来スイッチ」を開催します。
新規採用の組合員ならばだれでも参加OK。
学んで、遊んで、交流して、組合員の輪を拡げよう!
 
2年目以上の先輩スタッフも募集しています。
 
 
3月3日(土) 第4回青春ボウル開催決定!
写真は第3回青春ボウルのもの
 静岡県職青年部では、4回目となる青春ボウルを開催します。
32歳以下の組合員ならばだれでも参加OK。
学んで、遊んで、交流して、組合員の輪を拡げよう!
 
 
2017冬期総合展示会案内状当選番号発表!
 静岡県職労連合では、先に組合員へ配付した「2017冬期総合展示会案内状(チラシ)」の当選番号を抽選し、決定しました。
当選者は、12月26日(火)~1月17日(水)の引換期間に、案内状を持参の上、最寄りの組合書記局までお越しいただくか、県職労連合事業部(電話054-221-3578)へ御連絡ください。

■抽選日  2017年12月26日(火)
■引換期間 2017年12月26日(火)~2018年1月17日(水)
■引換方法 案内状を最寄りの組合書記局に持参又は
県職労連合事業部(電話054-221-3578)へ連絡。
■問合わせ 県職労連合事業部(電話054-221-3578)
 
 
ワーク・ライフ・バランス「標語・川柳」入選作品発表
 標語・川柳を募集したところ121点の応募がありました。最終選考の結果、13点が入選。入選作品は2018年県職卓上カレンダーに掲載します。(法規対策部)
 
【最優秀作品】
 指示どおり 作った資料 なぜいらぬ
 
【優秀作品】
 人が減り 縮減進む 私生活
 
 「おかえり」と 言われる時間に 帰りたい
 
 ねぎらいの 言葉一つで 笑顔増す
 
【入選作品】
 疲れたな お堀のコイに なりたいな
 
 必要な 残業なのに 気を使う
 
 サビ残は しないさせない 認めない
 
 定時退庁日 ただのサービス 残業デー
 
 昼休み しっかり休んで リフレッシュ
 
 「人足りぬ」 何故に届かぬ 現場の声
 
 休(九)日を 一日増やせば 充(十)実だ
 
 「どうしたの?」 気配りできる 余裕ある?
 
 「明日やろう」 健康保つ 第一歩
 
ワーク・ライフ・バランス「標語・川柳」募集

 2016年における職員の休暇取得日数は、年休10.2日、夏季休暇4.8日、家族休暇1.7日で、依然として完全取得には程遠い状況が続いています。これは集中改革プランで人員削減が進み、職場からゆとりが消えてしまったことが大きな要因です。

 組合は、真のワーク・ライフ・バランスの実現に向け、時間外勤務の縮減のため、業務量に見合った人員配置を要求しています。私たち自身も健康を守り、より文化的な暮らしを送るために、計画的に休暇を取得していくことが必要です。今年も下記要領により、休暇取得運動と働きやすい職場づくりの一環として、ワーク・ライフ・バランス等に関する「標語・川柳」を募集します。(法規対策部)

 

【募集要領】

1 募集形態 「標語」「川柳」

2 テーマ  ワーク・ライフ・バランス

       (年休、家族休暇、夏季休暇等の取得促進、時間外勤務の縮減、健康問題等)

       人員増

3 応募点数 一人3点まで。未発表で自作に限る。

4 応募方法 所定の応募用紙に記入の上、支部書記局まで。締切9月22日(金)必着

5 作品選考 最優秀賞1点、優秀賞3点、入選9点

6 結果発表 県職定期号で発表。入賞作品は県職机上カレンダーに掲載。

7 その他  入賞作品は、

       ・自治労文芸賞(詩歌の部)

       ・日本労働弁護団(長時間労働川柳等)

       ・静岡県職員労働安全衛生月間(全県統一スローガン)

       に応募します。

 

作品応募用紙

2
qrcode.png
http://www.szkr.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<静岡県職員組合>> 〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9番6号 県庁本館1F TEL:054-221-2186 FAX:054-221-3574