静岡県職員組合
〒420-8601
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
県庁本館1F
TEL.054-221-2186
FAX.054-221-3574
015756
 

組織部

 

組織部の主な活動内容

組織部の主な活動内容
 
 組合加入促進、他団体との交流・組織拡大、支部・分会活動の強化、組合の担い手作りの推進、職場要求闘争の推進を行っています。
 
 
1.年間の取り組みについて
 
4月~5月:
新規採用者を対象に組合加入の促進を行います。青年部を中心とした未来スイッチ(新組合員歓迎会)を行い、組合活動を交流会を通して楽しくレクチャーしています。
6月~9月: 職場改善要求の取り組み
「休養室の畳が古い」「被服貸与されるのが遅い」など、身近な問題をアンケートや対話集会で取り上げて、要求書にして所属長交渉を行い、働きやすい職場環境にしていきます。
9月~10月:
部局別交渉の取り組み
職場要求書を基に、各部局の要求書を提出して以下の部局ごとに団体交渉を行います。
(1)経営管理部 (2)企画広報部 (3)くらし・環境部
(4)文化・観光部(5)健康福祉部 (6)経済産業部
(7)交通基盤部 (8)危機管理部 (9)出納局 (順不同)

 
2.個別課題にかかる取り組み
 
(1) 職場要求闘争の中心的な課題である人員要求については、4月時点における各職場の人員配置状況は適切であったのか検証作業をして、分会段階でしっかりと話し合いを持ち、各課・セクションごとの要求人員を明確化していくことが大切です。
(2) 時間外勤務の課題は、人員要求課題と密接に関係しており、近年の最重要テーマとなっています。「不払い残業の解消」は当然のことですが、超勤縮減のためには何が必要なのか、今まで以上に各職場段階できちんと話し合いができる体制作りが大切です。 特に、36協定試行に入った法定職場では、労使での検討会が持てるようにしていく必要があります。
(3) 福利厚生・互助共済関係の要求については、福利厚生室との協議を続け、カフェテリアプランなどの継続をさせています。昨年度は、互助会の災害給付の改善と定期券購入の貸付金制度創設を実現しました。
(4) 昨年度は、行政改革・機構改革に関係した課題について、行政改革室長との交渉を実施し、05年4月予定の出先機関の再編、試験研究機関の再編、04年4月実施の自治研修所民間委託、総務事務アウトソーシング拡大に対して交渉を行いました。
(5) 総合庁舎要求について、東部支部が毎年の取り組みの積み重ねの結果、1年に1台ですが、エレベーターのスピードや内装の改善をすると回答を得ることができました。
qrcode.png
http://www.szkr.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<静岡県職員組合>> 〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9番6号 県庁本館1F TEL:054-221-2186 FAX:054-221-3574